(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

ポール・マッカートニーの2018年カタログ・リイシューが5月に発売。日本盤のみ初の紙ジャケCDも

Published on

ポール・マッカートニーの2018年度のカタログ・リイシューとして、MPL/Capitol(日本はユニバーサル ミュージック)より4作品が5月18日に発売されることが発表となった。作品は『NEW』『Chaos And Creation In The Backyard』『Wings Greatest』『Thrillington』。4タイトルともに、CD(輸入盤はデジパック、国内盤は初の紙ジャケ&SHM-CD仕様)と180g重量盤LP(黒盤)、そしてUNIVERSAL MUSIC STORE限定で180g重量盤のカラー・ヴィニールLPも発売となる。すべての LP盤にダウンロード・カードが封入される。

2013年の発売時に『NEW』はローリング・ストーン誌に“エネルギッシュで、とても楽しい新作ロックン・ロールが満載”と絶賛された。ジャイルズ・マーティンがエクゼクティヴ・プロデューサーを務め、マーク・ロンソン、イーサン・ジョンズ、そしてポール・エプワースというプロデューサー陣を迎えて製作された『NEW』は、アメリカのチャートで初登場3位に輝いた。アルバムはEntertainment Weekly誌から音楽メディアのPitchforkまで、様々な媒体で好意的な評価を獲得した。そしてタイトル・トラック「NEW」と「Queenie Eye」「Save Us」は、〈アウト・ゼアー〉や〈ワン・オン・ワン〉などのポール・マッカートニーのワールド・ツアーのライヴでの定番曲となった。今回の2018年度の『NEW』では、2013年のアルバム発売以来初めてLP盤がリイシューされ、180g重量盤のピンク色のカラー・ヴィニールLPも限定盤として登場する。またLPには12×12インチのインサートとダウンロード・カードが封入。

2005年にリリースされた『Chaos and Creation in the Backyard』はリリース当初から、『Flaming Pie』『Run Devil Run』『Driving Rain』に続くポールの快進撃と賞賛された。レディオヘッドやベックを手がけたナイジェル・ゴドリッチのプロデュースで、「Fine Line」やグラミー賞受賞の「Jenny Wren」などのシングルをフィーチャーした『Chaos and Creation in the Backyard』は、ビルボード・チャートに6位で初登場した。そして、ポールが大々的なアメリカ・ツアーを行なったこともあり、その後半年ほどチャート内に留まり続けた。2007年には「Jenny Wren」がグラミー賞の最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞に輝き、アルバムは、最優秀アルバム賞を含むグラミー賞3部門にノミネートされた。2018年度の『Chaos and Creation in the Backyard』では、発売以来初めてLP盤のリイシューが実現し、180g重量盤の金色のカラー・ヴィニールLPも限定盤として登場する。またLPには12×12インチのインサートとダウンロード・カードが封入。

 

元々は1978年に『Wings Greatest』として発売されたこのアルバムは、ポール・マッカートニーのビートルズ以降初のコンピレーション・アルバムとして、当時、それまでのマッカートニーのアルバムには未収録だった名曲「Another Day」「Junior’s Farm」「Hi, Hi, Hi」「Mull of Kintyre(邦題:夢の旅人)」をフィーチャーしていた。ウイングスとしては最後から2枚目となったこの『Wings Greatest』は、世界的な大ヒットとなり、一部の世代にとっては70年代のサウンドトラックになった。2018年度のリイシューでは、『Wings Greatest』の180g重量盤の青色のカラー・ヴィニールLPが限定盤として登場する。またLPには20×30インチのポスターとダウンロード・カードが封入。

1971年にレコーディングされたが、1977年になってやっと発売された『Thrillington』はマッカートニーの名高いディスコグラフィの中でも異彩を放つ作品のひとつ。アルバムは、パーシー“スリルズ”スリリントンという偽名のクレジットで、当初はこの架空の社交界の有名人の彼の経歴がイギリスの新聞の広告欄に掲載された。実際にはこの『Thrillington』はポールとリンダ・マッカートニーが自らの作品の『Rum』をインストゥメンタル/ジャズ・ヴァージョンとして再構築した作品だった。2018年度のリイシューでは、1977年の発売以来コレクターたちの間で希少盤となり、高値がついているこの『Thrillington』が初めてヴィニール盤で復活し、再びパーシー・スリリントンが蘇る。この作品でもダウンロード・カードが封入された180g重量盤の赤と黒のマーブルのカラー・ヴィニールLPが限定盤として登場する。


ポール・マッカートニー 2018年カタログ・リイシュー

2018年5月18日発売

【4タイトル同時発売】
『NEW』『Chaos And Creation In The Backyard』『Wings Greatest』『Thrillington』

【発売形態】
国内盤CD(初の紙ジャケット&SHM-CD仕様)
輸入盤CD(デジパック)
LP(黒盤)
LP(カラー・ヴィニール) UNIVERSAL MUSIC STORE限定発売

【仕様/価格】
①CD
日本盤のみ初の紙ジャケット仕様(輸入盤はデジパック仕様)
英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様(*3,4はEU初回盤)
日本初回盤CD帯を可能な限りミニチュア再現した帯(*1のみ)
日本初回盤LP帯を可能な限りミニチュア再現した巻き帯(*2のみ)
解説/歌詞・対訳付
SHM-CD仕様/完全生産限定盤
価格:各2,667円+税

②LP
180g重量盤LP
直輸入盤仕様
日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯(*1のみ)
日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付(*2のみ)
解説/歌詞・対訳付
完全生産限定盤
価格:各4,000円+税

③カラーLP *全タイトル 初発売
UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤
180g重量盤LP
直輸入盤仕様
日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯(*1のみ)
日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付(*2のみ)
解説/歌詞・対訳付
完全生産限定盤
価格:各4,500円+税


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss