(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

グレン・フライのベスト盤『Above The Clouds』がCD1枚組と、CD3枚組+DVDのボックス・セットで発売

Published on

グレン・フライのソロ・キャリアの集大成と言える豪華な4枚組ボックス・セット『Above The Clouds: The Collection』が2018年5月11日に発売される。グレン・フライは、世界中で愛された大人気バンドのイーグルスの創設メンバーの一人であり、イーグルスの活動休止中の80年代以降はソロとして、2016年1月にその早すぎる死を迎えるまで目覚ましい功績を残したアーティストである。

『Above The Clouds』は、イーグルスが国際的なスーパースターになる前後のグレンの音楽の鍵となる要素を集約したもので、このデトロイト出身のシンガー・ソングライターが実に幅広い分野の音楽に影響を受けてきたことを示す作品群となっている。まさに、この果てしない想像力を持ったシンガー・ソングライターを讃えるにふさわしいコレクションと言える。

3CD+1DVDの『Above The Clouds: The Collection』もしくは1CDの『Above The Clouds: The Very Best of Glenn Frey』をデジタルで予約したファンは「Lyin’ Eyes / Take It Easy」と「The Heat Is On」の2曲のダウンロード音源を手に入れられる。また『Above The Clouds: The Collection』を予約したファンは、4月13日に「Run Boy, Run」、5月4日には「 I Got Love」もダウンロードで入手できる。

1枚目のディスクは、まさに“ The Very Best of Glenn Frey”というタイトルにふさわしく、チャートにランクインしたヒット曲の集大成となっている。映画『ビバリーヒルズ・コップ』からのスマッシュ・ヒット「The Heat Is On」、気骨あるスライド・ギター主導のガットバケット・グルーヴの聴ける「Smuggler’s Blues」、『特捜刑事マイアミ・バイス』からの素晴らしいバラード「You Belong To The City」、内面を見つめた痛切な「Soul Searchin’」など、他にも数多くの曲が収録されている。このディスクは、ボックス・セットの一部としてだけでなく、単体としても発売される。グレンは、映画さながらに作られた「Smuggler’s Blues」のドラマチックなビデオ・クリップで1985年のMTVミュージック・ビデオ・アワードに選出されるなど、当時急成長していたビデオ時代に十分に対応していたが、ここで聴くことができる、時代を超越したソングライティング技術こそが、彼をソロ・アーティストとして伝説の域まで押し上げたのだと言える。

ディスク2には、チャート・ヒット以外でもフライの腕前を感じることのできる優れた曲や、名曲が集まっている。壮大な「After Hours」、堂々とした彼なりの「For Sentimental Reasons」、ビーチ・ボーイズに敬意を表した、まさに的を得た「Caroline, No」のカヴァー、そして鬨の声をあげたような「Route 66」などである。

3枚目のディスクは、長年の友人同士だったフライとJ.D.サウザーがロングブランチ/ペニーウィッスルというデュオを組んでいた時のハイライトである。元々は1969年にセルフ・タイトル・アルバム『Longbranch/Pennywhistle』として発売されたもので、結局はアシッド・ロック時代のゴミ箱に投げ入れられてしまったものだが、「Kite Woman」や、「Run Boy, Run」などの曲は、のちにフライとイーグルスがそのど真ん中に入って成功を収めるカントリー・ロック・ムーヴメントの文字通り種子となるような作品だ。のちに自身もソロとして成功した(代表アルバムは『You’re Only Lonely 』)サウザーは、その後も「Best of My Love」、「New Kid in Town」、そして「Heartache Tonight」などイーグルスの代表曲をフレイと共作した。

最後のライヴDVDは、1992年9月15日にダブリンのナショナル・スタジアムで収録された〈ストレンジ・ウェザー・ツアー〉からで、「Long Hot Summer」と、「Peaceful Easy Feeling」で涼しげな風を吹かせ、その後「Strange Weather」へと元気に舵を切って、最後には全員参加で「Party Town」を演奏するフレイと彼の最上級のバンドの最もパワフルな演奏を堪能することができる。

グレン・フライは、ソロ・アーティストとしても、またイーグルスのメンバーとしても数多くの賞を受賞してきた。彼はグラミー賞を6回受賞し、数えきれないほどのゴールド、そしてプラチナ・アルバムを獲得し、ツアーでは世界中のコンサート会場を満員にしてきた。フレイはアメリカでもっとも影響力のあるバンド、イーグルスの創設メンバーで、ヴォーカリストで、ソングライターだった。彼はイーグルスのメンバーとして、1998年にロックの殿堂入りし、死後2016年にケネディ・センター・オナーを授与されている。


グレン・フライ『Above The Clouds: The Collection』

発売日:2018年5月11日
形態:3CD+1DVD   品番:UICY-78684  価格:5,400円+税
日本盤特典:SHM-CD仕様/英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

btn_store download_jtunes applemusic_1711_800

 

グレン・フライ『Above The Clouds: The Very Best of Glenn Frey』
発売日:2018年5月11日
形態:1CD  品番:UICY-15716  価格:2,500円+税
日本盤特典:SHM-CD仕様/英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付

btn_store download_jtunes applemusic_1711_800


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss