(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical News

フルート奏者Cocomiのデビューアルバム『de l’amour』が本日発売、最新MVも公開

Published on

©Akinori Ito

フルート奏者Cocomiのデビューアルバム『de l’amour』が、本日4月29日(金)にニューヨークの名門レーベルであるDECCA GOLDから発売。最新ミュージック・ビデオ〈タイスの瞑想曲〉が公開された。

Cocomi & David Garrett – Méditation de Thaïs(Music Video)

〈タイスの瞑想曲〉は、世界中でクラシックのチャート記録を塗り替えているスターヴァイオリニストのデイヴィッド・ギャレットと、第10回浜松国際ピアノコンクールで日本人歴代最高第2位に輝いたピアニストの牛田智大とコラボレーションして制作された作品。公開されたミュージック・ビデオ〈タイスの瞑想曲〉では、Cocomiが日本で、デイヴィッド・ギャレットがオランダで、お互いにリモートでレコーディングした模様が収められている。

今回のコラボレーションについて、Cocomi、デイヴィッド・ギャレットは以下のようにコメントを寄せている。

Cocomi

「〈タイスの瞑想曲〉をデイヴィッド・ギャレットさんと一緒に演奏をさせていただけると分かった時は、本当に光栄で信じられない思いでした。そしてどの様なレコーディングになるのかとても楽しみでした。ピアニストの牛田智大さんは、私がイメージしていた音を表現してくださって、本当に感激しました。レコーディングはリモートで日本とオランダとで離れて行いましたが、本当に素晴らしいセッションになったと思います。世界中の皆さんに楽しんで聴いてもらえると嬉しいです」

デイヴィッド・ギャレット

「Cocomiさんのデビューアルバムの成功を願っています。私の演奏も気に入っていただけたら嬉しいです。近いうちに日本で会って、一緒にライブができる日を楽しみにしています」

アルバム『de l’amour』は、Cocomiが、改めて皆様に届けたい大好きな曲と思い入れのある曲をコンセプトに自身で選曲。マスネ作曲の〈タイスの瞑想曲〉、ポンセの〈エストレリータ〉、クライスラーの〈愛の喜び〉、プーランクの〈愛の小径〉などクラシックの名曲10曲が収録されており、Cocomiの演奏に魅了された錚々たるクラシック界の演奏家達との共演が実現した。さらに、アルバム・ジャケットは、国際的フラワーアーティスト東信(あずま まこと)⽒が手掛けた⾊鮮やかな花々とCocomiがコラボレーションした印象的な作品となっている。

『de l’amour』のCDは初回限定盤と通常盤の2形態で発売され、初回限定盤は豪華デジパック仕様で、24ページのフォトブックレットが封入されている。

初回プレス分には、Cocomiのライブ映像やアルバムのレコーディング秘話、インタビューなどが盛り込まれた「期間限定スペシャル映像」が視聴できるシリアルナンバーを封入。このスペシャル映像で披露されるライブ映像は、超巨大な4つの作品空間と2つの庭園からなる「水に入るミュージアムと花と一体化する庭園」豊洲・チームラボプラネッツ TOKYO DMM.com で特別に収録されたもの。幻想的な演出でのライブを楽しむことができる。


■リリース情報


Cocomi『de l’amour』
2022年4月29日発売
CD / iTunes /  Apple Music Spotify /Amazon Music


■アーティスト情報

©Akinori Ito

Cocomi(フルート)

3歳からヴァイオリン、そして11歳にフルートを始める。
ヴラディーミル・アシュケナージ、エマニュエル・パユのマスタークラスを修了。
これまでに、ヤマノジュニアフルートコンクール優秀賞3回、最優秀賞1回並びに特別賞受賞。2019年には、日本奏楽コンクールで最高位を受賞。管楽器部門第1位とともにフランス近代音楽賞受賞。
現在、桐朋学園大学音楽学部 カレッジ・ディプロマ・コースに在学中。フルートをNHK交響楽団首席フルート奏者である神田寛明氏に師事。
2021年1月には、東京フィルハーモニー交響楽団の「ニューイヤーコンサート2021」にソリストとして出演。同年、京都の西本願寺で無観客で収録された「音舞台」への出演も果たす。

■共演アーティスト情報(五十音順)

©Andrej Grilc

アレクサンダー・ガジェヴ(ピアノ) Alexander Gadjiev

2021 年 10 月に行われた第 18 回ショパン国際ピアノコンクールで第 2 位及びクリスチャン・ツィメルマン賞(ソナタ最優秀演奏賞)を受賞し、大きな話題を呼んだピアニスト。

©Ariga Terasawa

牛田智大(ピアノ) Tomoharu Ushida

第10回浜松国際ピアノコンクールにて、日本人歴代最高第2位、併せてワルシャワ市長賞、聴衆賞を受賞。 2019年出光音楽賞受賞。全国各地で演奏活動を展開する話題のピアニスト。

©Seiichi Saito

金子三勇士(ピアノ) Miyuji Kaneko

ハンガリーにルーツを持ち、6歳から単身ハンガリーに渡り数々のコンクール受賞歴のほか、ラジオ番組の司会を務めるなど、マルチな活躍をみせるピアニスト。

©Seiichi Saito

佐藤晴真(チェロ) Haruma Sato

1位を出さないことでも有名な、格式高いミュンヘン国際音楽コンクール チェロ部門において日本人として初めて優勝し、一躍世界中で注目を浴びているチェリスト。

©️ Christoph Köstlin

デイヴィド・ギャレット(ヴァイオリン) David Garrett

史上最年少13歳で名門 “ドイツ・グラモフォン”からデビューし、世界中でクラシックのチャート録を塗り替えているヴァイオリニスト。

©Paul TsangUN Workshop

ニュウニュウ(ピアノ) Niu Niu

中国の天才少年ピアニストとして現れ、日本でもTVアニメ『ピアノの森』で、天才中国人ピアニスト=パン・ウェイの演奏を担当したことでも話題となった。

©Esther Hasse

ミロシュ(ギター) Miloš

ニューヨーク・タイムズ紙で「現代の最もエキサイティングで身近なクラシック・ギタリスト」と評された、数多くの受賞歴を誇るギタリスト。

©Tom Doms

レイ・チェン(ヴァイオリン) Ray Chen

2009年にエリザベート王妃国際音楽コンクールを制して、瞬く間にスターダムを駆け上った若きヴァイオリンの名手。


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss