(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

世界に轟かせる唯一無二の「奇跡の歌声」ソプラニスタ岡本知高、最新ミニアルバム『Anthem』がリリース決定

Published on

女性ソプラノの音域を持つ男性ソプラノ歌手として活躍するソプラニスタ岡本知高の最新ミニアルバム『Anthem』が、2021年12月1日に発売されることが発表された。

今作『Anthem』のテーマである「応援歌」は、以前から岡本知高が取り組みたかったもので、コロナ禍で様々な不安や寂しさ、疲弊を感じている皆さまの“心の栄養剤”になるような、そして岡本自身の心に残る楽曲を選曲。収録曲には、ラグビーワールドカップのグローバル・アンセムとして知られ、2021年9月1日にデジタル配信された「World in union」、フジテレビ系フィギュアスケート中継テーマ曲としてお馴染みの「BoléroⅣ~New Breath~」、さらに新録音として「幸せのちから」「Again (歌劇《イーゴリ公》 “ダッタン人の踊り”)」「いのちの歌」など計5曲が収録される予定だ。

World In Union

岡本知高は今回のアルバム発売について「疲れたときに美味しいカフェオレを淹れてもらったりすると、嬉しくてチカラが湧いてくる。私も誰かの背中をそっと押してあげられるような優しい人生の応援歌を歌いたかった。このミニアルバムに込めた思いはそんなぬくもり」とコメントを寄せている。

近年では、上皇上皇后両陛下の御前で演奏した《全国豊かな海づくり大会》への参加や、デーモン閣下との異色の共演《悪魔の森の音楽会》が好評を博しているほか、《世界フィギュアスケート選手権》といったスポーツの国際大会、《読売巨人軍開幕戦》や《日本ダービー》等でも国歌独唱を務める岡本知高。

ジャンルを超え、人々の心の機微に寄り添うその歌声で、今や日本のみならず海外からも注目されている唯一無二のソプラニスタである。


■アーティスト情報

岡本知高

1976年生まれ。高知県宿毛市出身。ソプラニスタ(男性ソプラノ歌手)。岡本の場合は変声後も強靭なドラマティック・ソプラノの音域が自然に維持され続けている世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。

国立音楽大学を卒業後、フランスのプーランク音楽院を首席で修了。心の深淵に温かく響く唯一無二の歌声は「奇跡の歌声」と称され、個性的なキャラクターとコスチュームも併せてクラシック界にとどまらず各方面からの呼び声も高い。

そのレパートリーは幅広く、宗教曲、オペラ、クロスオーバー、日本の唱歌やポップスと多岐にわたり、2006 年より担当し続けているフジテレビ フィギュアスケート中継テーマ曲「ボレロ」ではまさにその真骨頂を聴くことが出来る。

また、大学時代よりライフワークとして取り組んでいる全国各地の学校訪問コンサートは年間数十公演に及び(※コロナ禍以前)子供達とのふれあい活動にも尽力している。

近年では、上皇上皇后両陛下の御前で演奏した《全国豊かな海づくり大会》への参加や、デーモン閣下との異色の共演《悪魔の森の音楽会》が好評を博しているほか、《世界フィギュアスケート選手権》や《FIA 世界耐久選手権 富士6 時間耐久レース》といったスポーツの国際大会、《読売巨人軍開幕戦》や《日本ダービー》等でも国歌独唱を務めている。株式会社ホリプロ所属。


■リリース情報

2021年12月1日発売
岡本知高『Anthem』
CD



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss