(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

世界最高峰のピアニスト達によるミシェル・ルグランのトリビュート・アルバムに小瀬村晶が参加

Published on

2022年2月25日で生誕90年を迎えたミシェル・ルグランの音楽へのトリビュート・プロジェクト『ルグラン・(リ)イマジンド』。チリー・ゴンザレス、ステファン・モッキオ、チャド・ローソンなどの世界最高峰のピアニスト/作曲家が集結し、ルグランの音楽をそれぞれが解釈してソロ・ピアノで演奏したチル&コンテンポラリーな内容だが、本プロジェクトに日本から作曲家/ピアニストの小瀬村晶の参加が決定。シングル「Toujours, jamais」の配信が本日からスタートし、同曲のビジュアライザーも公開された。

Toujours, jamais (from Les Demoiselles de Rochefort / The Young girls of Rochefort)

最もストリーミングで再生されている日本人クラシックアーティストの1人であり、「飽きることの無い彼の旋律は果てしなく、他の音楽家と一線を画するものだ」(ピッチフォーク)など各国有力メディアから称賛を集める作曲家/ピアニスト、小瀬村晶。今回取り組んだ「Toujours, jamais」は、1967年に公開された映画『ロシュフォールの恋人たち』に登場する1曲だが、映画のスウィンギーなアレンジとは対照的に落ち着いたピアノの中からキャッチ―なメロディが立ち上がってくる仕上がりとなっている。

今回のトラックについて、小瀬村は「ミシェル・ルグランを再解釈することは、その独創性と遊び心が絶妙なバランス感覚で共存する華麗な作品集を眺めながら、自分のなかにある音楽的感覚との共通項を一音一音、手探りで探していくような時間でした。今は亡きルグランとの邂逅は、とても穏やかで美しいひと時が流れていました」とコメントしている。

アルバムの発売日まで3週間おきにシングルが配信リリースされる予定となっている『ルグラン・(リ)イマジンド』。ミシェル・ルグランの生誕90周年を祝う今回のプロジェクトだが、今後の展開にも期待がかかる。


■配信情報

小瀬村晶 SG「Toujours, jamais」
iTunes /  Apple Music Spotify /Amazon Music


■アーティスト情報

ミシェル・ルグラン (Michel Legrand) 

ミシェル・ルグランはバート・バカラック、アントニオ・カルロス・ジョビンと並ぶ世界屈指の作曲家、指揮者、ピアニスト、歌手、作詞家、演出家として、音 楽のあらゆる場面に登場し、ポップ、ジャズ、クラシックといったジャンルの境界をなくそうと精力的に活動している偉大な音楽家。ヌーヴエル・ヴァーグの映 画音楽を数多く手がけ、フランス映画を語る時にには欠かせない人物であるばかりか、「プレタポルテ」などハリウッド映画の音楽も手がける。マイルス・デイ ヴィス、ステファン・グラッペリ、フランク・シナトラ、アレサ・フランクリン、ルイ・アームストロングからホリー・コール、ビョークまで、あらゆる世代の 世界中のアーティストがルグランの曲を歌い演奏している。

小瀬村晶 (Akira Kosemura)

1985年6月6日東京生まれ。在学中の2007年にソロ・アルバム『It’s On Everything』を豪レーベルより発表後、自身のレーベルSchole Recordsを設立。以降、ソロ・アルバムをコンスタントに発表しながら、映画やテレビドラマ、ゲーム、舞台、CM音楽の分野で活躍。主なスコア作品に、河瀨直美監督による長編映画『朝が来る』(カンヌ国際映画祭公式作品選出)、ハリウッドで制作された海外ドラマ『Love Is』、Nintendo Switch用ゲームソフト『ジャックジャンヌ』、TBS系テレビドラマ『中学聖日記』、ミラノ万博・日本館展示作品などがあり、米Amazonオリジナル映画『ジョナス・ブラザーズ 復活への旅』や、ヴェネチア映画祭・金獅子賞を受賞したフランス人監督オドレイ・ディワンのデビュー作『Mais Vous Etes Fous (Losing It)』などでも楽曲が使用されている。

近年は国際的なブランドとのコラボレーションが多く、是枝裕和監督が手掛けたSK-II STUDIOのドキュメンタリー『The Center Lane(池江璃花子)』の音楽や、アパレルブランドTAKAHIROMIYASHITATheSoloist. SS22コレクション・ランウェイの音楽、LAND ROVER、L’OCCITANEへの楽曲提供、米アーティストデヴェンドラ・バンハートとの共作など、特定の枠に収まらない独自の活動を展開。また、Spotifyが発表する「海外で最も再生された日本人アーティスト/楽曲top10」に2017、2018年連続でランクインしたほか、米国メディアのピッチフォーク、豪州新聞紙THE AGE、フランス公共放送FIPなどでその才能を称賛されるなど、国内外から注目される作曲家。


 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss