(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt』未公開写真

Published on

ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション”の第10弾として1989年にリリースされた『Flowers In The Dirt』がリリースされる。ポール・マッカートニーは、これに先駆けて、当時の妻、リンダが撮影した同作に纏わる未公開写真を公開した。これまで目にすることのなかったレコーディング・セッション中の貴重なシーンが記録されている。

McCartney-Linda-pic-2

そこには、イギリスのイースト・サセックスにある、ポールが所有するホッグ・ヒル・ミル・スタジオ(アルバムの大半は同所で制作されている)でアルバムの完成を目指すポールの様子を記録したスナップのほか、ノコギリで木を切っている彼の姿や、エルヴィス・コステロとの作業の様子 (『Flowers In The Dirt』にはポールとエルヴィスのコラボレーションの成果が4曲収録されている) 、「Put It There」のストリングス・アレンジを手がけたジョージ・マーティンと語り合う場面など、様々な写真が含まれている。

McCartney-Linda-pic-3

エルヴィス・コステロとのコラボレーション(”アーカイヴ・コレクション”で陽の目を見るデモはこの際に制作されたものだ) について、ポールは次のように回想して次のように言っている。「二人でスタジオの上の階で作曲をしていたから、出来上がったものをすぐに下の階でレコーディングできたんだ。出来上がったものをそのまま二人だけでね。その中でまだリリースしていないものがいくつかあるんだけれど、僕も彼も生々しくてなかなか良いんじゃないかと思っている。なにしろ出来立てのホヤホヤを録ったわけだからね」。

McCartney-Linda-pic-4

12月に発表した通り、『Flowers In The Dirt』のリマスター/デラックス・エディションは3CD+DVDパッケージの装丁で3月24日にリリースされる。2枚のCDには合計18曲のボーナス・トラックが収録され、さらにこれらのCDに未収録のコンテンツをダウンロードできる特典も含まれている。レアなカップリング曲やリミックス・ヴァージョン、シングル・エディット・ヴァージョン、そして未発表音源のカセット・デモ3曲というのが、ダウンロード・コンテンツの内訳である。なお、同時に”スペシャル・エディション”のリリースも予定されており、そちらはCD2枚組、LP2枚組のほか、デジタル・フォーマットでのダウンロード販売も行われる。 McCartney-Linda-pic-5


『フラワーズ・イン・ザダート【デラックス・エディション】』(UICY-78247 )は2017年4月19日発売!

購入はこちら

ポール・マッカートニーのアーティスト・ページはこちら

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss