(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

デフ・レパードの『Slang』、グランジ全盛期に発売された冒険的な一枚

Published on

グランジによって消滅したアリーナ・クラスのメタル・バンドの大多数とは異なり、90年代の間中ずっと、デフ・レパードは自らの存在意義を保ち続けた。バンド仲間のスティーヴ・クラークを亡くしたことに嘆き悲しんでいる間に、1992年のアルバム『Adrenalize』は3作連続となるマルチ・プラチナム・アルバムとなり、それに続いた1996年の『Slang』もまた、彼らが時代の流れに対してふさわしい信念と勇気を持っていることを見せつけた。

公正な立場で言うならば、80年代に彼らのアンセミックかつ特徴的なサウンドを解き放って以来、周辺が変わったということを真っ先に受け入れたのはジョー・エリオットとその仲間のはずだった。『Slang』が最初にマーキュリーから発売された1996年5月14日は、ブリティッシュ・ポップの絶頂期で、オアシスが大成功を収めた2日間のネブワース公演がイギリスで開催される一ヶ月前のことだった。アメリカでは、その間、全く新しいタイプのオルタナティブ・ロックのスーパースターたちが活躍。スマッシング・パンプキンズの野心的な『Mellon Collie And The Infinite Sadness(邦題:メロンコリーそして終りのない悲しみ)』やレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンによる政治色の濃い『Evil Empire』、マリリン・マンソンの物議を醸した『Antichrist Superstar』といった画期的なアルバムが次々にリリースされていた時期だ。

しかし、デフ・レパードは音楽シーン全面の変化の風を物ともしなかった。苦難に耐えたプロデューサーのマット・ラングとマイク・シプリー率いる制作チームから離れ、ヨークシャー出身の頑固者であるデフ・レパードたちは、新しいプロデューサーのピーター・ウッドロフと組み、スペインのリゾート地、マルベーリャと向かった。太陽の光がたくさん降り注ぐ地で、リハーサルを集中的に開始し、余分なものを取り除いた、オーガニックなサウンドのアルバムを作ることを誓った。

DEF LEPPARD – How Life & The Grunge Era Influenced Slang

 

「90年代中盤に、典型的なデフ・レパードのアルバムを作れないとはわかっていた」とギタリストのヴィヴィアン・キャンベルがのちにクラシック・ロック誌に語っている。「グランジが絶頂期だった当時、僕らの音はシーンには受け入れがたいものだった。だから『Slang』はありのままで行こうと思ったんだ。あのアルバムは、僕らを少しだけ成長させてくれる機会をくれたよ」。

その結果、リック・アレンが『Hysteria』以前の事故以来、初めて電子ドラムをアコースティックのセットに替え、デフ・レパードは新たなサウンドとテクスチャーの制作を試みた。そしてバンドは十分なリハーサルを行い、『Hysteria』や『Adrenalize』で制作したように個々の音を繋ぎ合せるのではなく、スタジオで一体として新曲のレコーディングを行った。

『Slang』とタイトルが付けられたデフ・レパードのアルバムは、ほぼ間違いなく、彼らの作品の中で最も冒険的な一枚として残っている。「Turns To Dust」のループからビート、刺激的な東洋の雰囲気から、タイトル・トラックの汗臭いレッド・ホット・チリ・ペッパーズ風のファンクまで、多様な新しい領域を残りのバンドが熱心に探求している間、エッジーな「Work It Out」でジョー・エリオットはこう歌う。「We show the world a brand new face,  It’s taken us all this time/俺たちは真新しい顔を世界に見せるんだ 今まで時間がかかってしまった」。

Def Leppard in 1996

しかし他の部分では、より馴染みの領域にバンドは戻っている。しびれるようなオープニング・ソング「Truth?」、そして扇情的な「Gift Of Flesh」は両方とも由緒正しいロックで、敏感で傷つきやすい「Breathe A Sigh」や切ない「Blood Runs Cold」では、デフ・レパードはまだまだ心を溶かすようなラジオ・フレンドリーなバラードを作る優れた名プレイヤーであることを裏付けた。

Q誌は4つ星のレヴューと共に彼らをべた褒めし、このアルバムを「活力と共に新しいことを受け入れた偉大なバンドの作品」と的確に断言した。デフ・レパードのイギリスのファン層は、バンドが決めた新しい方向性を熱狂的に支持した。『Slang』は全英5位に、そして全米アルバム・チャートの第11位に食い込んだとき、不屈のヨークシャー出身者たちは爽快なクリエイティブ戦略が見事に成功したことを証明した。

Written By Tim Peacock


デフ・レパード『Slang』



デフ・レパード、80年代のキャリアを総括するボックス・セット 6/1発売!


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss