(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

マイケル・ヘンダーソンが逝去。スティーヴィーやマイルスとの活動で知られたベーシスト/歌手

Published on

Michael Henderson photo - Courtesy: Paul Natkin/Getty Images

ソウルのフロントマン、ソングライター、ベーシストとして尊敬されているマイケル・ヘンダーソン(Michael Henderson)が2022年7月19日に71歳で逝去した。彼は2週間前にアトランタのエモリー大学病院に原因不明の病気で入院していた。

この訃報を受け、彼のFacebookページには、次のようなメッセージが掲載されていた。

「シンガー、ソングライター、ベース・イノベーター、音楽プロデューサー、父であり息子であったマイケル・ヘンダーソンは、今日ジョージア州アトランタの自宅で家族や愛する人に囲まれて穏やかにその生涯を終えました… 彼の心と魂に祝福を…。彼は多くの人々の人生に触れ、多くのライブコンサート、音楽録音、ソーシャルメディア、インタビュー、彼が愛して止まなかったツアーを通じてその愛に報いました…」

<関連記事>
2022年に亡くなったミュージシャン、音楽業界の関係者たち
スティーヴィー・ワンダーが社会に向けたメッセージソング5選

Valentine Love

俺たちのベース・ブラザー

仲間のベーシストでソウル・ファンクの著名人であるブーツィー・コリンズは、自身のSNSにこう書き込んだ。

「なんてことだ。我々は本物であり、ベース・ブラザーの一人であり、アメリカのベーシスト、ボーカリストであったミスター・マイケル・ヘンダーソンを失ってしまった。彼は。マイルス・デイヴィス、ドラマティックス、スティーヴィ―・ワンダー、その他多くのアーティストとの共演で知られています。彼の家族と友人に祈りを捧げます」

ソウルとポップのヒットメーカーであるシャイ・ライツのマーシャル・トンプソンは、こう綴っている。

「もう一つの悲しい知らせは、シャイ・ライツとアレサ・フランクリンと長年にわたって世界中を旅してきた偉大なエンターテイナーであり、私の親友、マイケル・ヘンダーソンを失ってしまったことだ。彼がいなくなって悲しくなるだろう」

マイケル・ヘンダーソンはマイルス・デイヴィスのいくつかのアルバムでのベース演奏でもよく知られ、ノーマン・コナーズのトップ10ソウル・バラード「Valentine Love」(1975, with Jean Carn)と1976年のソロ作品、US R&Bシングルトップ5「You Are My Starship」の印象的なヴォーカルでよく知られた人物だ。その後、一連のソロ・レコードを成功させ、「Take Me I’m Yours」や「Wide Receiver」といったヒット曲を生み出した。

You Are My Starship

 

その生涯

1951年7月7日にミシシッピ州ヤズー・シティで生まれ、デトロイトで育った彼は、その器用なベースさばきで早くからスティーヴィー・ワンダーに注目され、一緒にツアーを行い、スティーヴィーの1970年のUKでのアルバム『Live at the Talk of the Town』に出演した。このことがマイルス・デイヴィスからの尊敬を集め、マイルス・デイヴィスのために『Jack Johnson』(1971)、『Live-Evil』(1971)、『Agharta』(1975)などのジャズ・フュージョン・アルバムでベースを弾くようになった。

ソロ・アーティストとしてマイケル・ヘンダーソンは1976年の『Solid』で頭角を現したが、この作品は彼の他の作品同様、セルフ・プロデュースで、作曲も主に自分が担当したものだった。この作品はR&Bチャートで10位を記録し、ブッダ・レコードから6作連続でトップ20入りを果たした最初の作品となった。

1977年のアルバム『Goin’ Places』ではハービー・ハンコックがフェンダー・ローズで参加、1978年のアルバム『In The Night Time』ではレイ・パーカー・ジュニアがギターを担当している。後者は「Take Me I’m Yours」のヒットで盛り上がり、1980年の『Wide Receiver』もタイトル曲のシングルを含めてベストセラーとなった。

Take Me, I'm Yours

「Valentine Love」や「You Are My Starship」で証明したように、マイケル・ヘンダーソンはソウル・バラードも得意で、1981年のフィリス・ハイマンとの「Can’t We Fall In Love Again」は最後のヒットとなった。

ヘンダーソンの最後のアルバムは1986年の『Bedtime Stories』で、このアルバムにはトップ20に入るR&Bヒット「Do it To Me Good (Tonight)」が収録されており、その後彼はレコーディングをやめ、今日まで尊敬されている作品群を残している。

Cant We Fall In Love Again

Written by Paul Sexton



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss