ジョージ・ハリスン『All Things Must Pass』発売50周年を記念し、タイトル曲が新ミックスで配信

Published on

ジョージ・ハリスン(George Harrison)の遺産管理団体は、ジョージ・ハリスンのソロの名盤『All Things Must Pass』の発売50周年を記念し、その第1弾としてこのアルバムのタイトル・トラックの2020年度版リミックス「All Things Must Pass (2020 mix)」をデジタル・シングルで発売すると発表した。

このタイトル・トラックの新たなステレオ・ミックスを監修するのは、グラミー賞を複数回受章した経験を持つ、ポール・ヒックス。彼はジョージ・ハリスンの遺産管理団体であるハリスン・エステートと共に仕事をしていることでも知られており、他にもザ・ビートルズのアルバムや、本年度チャートのトップに輝いたザ・ローリング・ストーンズの作品(『Goats Head Soup(山羊の頭のスープ)』)、そしてジョン・レノンの作品(『GIMME SOME TRUTH. The Ultimate Mixes』)なども手がけている。

<関連記事>
クイズ:何年のジョージ・ハリスンでしょうか?
ジョージ・ハリスンのソロ20曲

ダーニ・ハリスンは今回の新ミックスについてこう語る。

「父の残した伝説的なアルバム『All Things Must Pass』の50周年を記念した事業として、このアルバムのタイトル・トラックのステレオ・ミックス盤のリリースは、2021年に予定している数々のプロジェクトのほんのさわりに過ぎません。僕たちは山のようなテープを掘り起こしています。箱いっぱいの大量のテープが、次から次へと出てくるんです。このアルバムの音をクリアなものにするというのは、常に父が一番望んでいたことで、実際、父が亡くなる直前まで、僕たちは共にその作業をしていました。しかし、その後の技術の進歩と、ポール・ヒックスがこのプロジェクトに関わってくれたおかげで、やっと実現にこぎつけることができたのです。僕たちの作業の成果を早く皆様にお聴きいただきたいと思っていますが、来年には、お待ちいただいた甲斐のあるものをお届けできるはずです」

50年前の1970年11月27日にリリースされたフィル・スペクターのプロデュースによる3枚組『All Things Must Pass』には、ザ・ビートルズのメンバーのソロ・プロジェクトとしては、初のナンバーワン・シングルとなった「My Sweet Lord」も収録されている。このアルバムは大評判となり、イギリスとアメリカのアルバム・チャートで1位を獲得し、ローリング・ストーン紙は、“ロックンロール界の『戦争と平和』だ”、“非常に個人的な声明でありながら、壮大な表現を用いている”と評価した。

その後、時間の経過と共に、のちの世代もこのアルバムから大いに影響を受けるようになった。このアルバムはグラミー賞の殿堂入りを果たし、ローリング・ストーン紙の歴代最高のアルバム500選や、ロンドンのタイムス紙のベスト100アルバムにも選ばれた。

また、『All Things Must Pass』記念祭の一環として、ハリスン家はレコード・ストア・デイのブラック・フライデー・イべントでジョージ・ハリスンの「My Sweet Lord」の7インチ・シングルもリリースする。このミルキー・クリアなシングル盤は、レコード・ストア・デイ限定盤として通し番号が振られている。それは、1970年に発売されたアンゴラ盤シングルのユニークなアートワークを再現したレコードとなる。

「My Sweet Lord」は、元々ハリスンのソロ第1作目のシングルとして1970年11月にリリースされ、世界的に大ヒットを記録した。イギリスではこの曲が1971年度に最も売れたシングルとなった。またこの曲は、アメリカとイギリスの両国で、ザ・ビートルズの元メンバーがリリースした曲としては初のナンバーワン・シングルとなった。



ジョージ・ハリスン「All Things Must Pass (2020 mix)」
2020年11月27日配信
iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music

ジョージ・ハリスン「My Sweet Lord」(7インチ・シングル)
*レコード・ストア・デイ「ブラックフライデー2020」限定商品




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version