BLINK 182がリンキン・パークのチェスター・ベニントン追悼コンサートに参加

Published on

2017年10月27日にロサンゼルスのハリウッド・ボウルで開催される “Linkin Park And Friends Celebrate Life In Honor Of Chester Bennington”の追悼コンサートにBLINK 182が出演することが発表された。

すでに完売しているこのコンサートは、リンキン・パークのヴォーカリスト、チェスター・ベニントンを追悼するイベントであり、リンキン・パークの残りのメンバーによるパフォーマンスもある(7月20日にチェスター・ベニントンが亡くなってから初めてのパフォーマンスとなる)。さらに、コーンのジョナサン・デイヴィス、マシン・ガン・ケリー、システム・オブ・ア・ダウンのダロン・マラキアン、シェイヴォー・オダジアンとジョン・ドルマニアン、キアーラ、アヴェンジド・セヴンフォールド、イエローカード、ブリング・ミー・ザ・ホライゾンのメンバーも出演することが発表されている。

また、リンキン・パークはこの一夜限りのオールスターが集結したイベントを生配信すると発表した。リンキン・パークのYouTubeページで当日の19時45分(日本時間:10月28日(土) 午前11時45分 )からストリーミングを開始することも発表となった。コンサートの収益はMusic for Relief’s One More Light Fundへ寄付される。

リンキン・パークのマイク・シノダは最近ローリング・ストーン誌にこう打ち明けた。「バンドの中でも何人かはステージに立つのが怖いと思っているのはわかってる。でも全員にとって、絶対にやりたいことだったのは確かだ。チェスターを称えるためにはライヴを行うのは良い方法だと思っている」。

再びライヴをやる気持ちになったのは、プロデューサーのリック・ルービンの後押しがあったからだとマイク・シノダは続けた。「(リック・ルービンに)言われたんだ “みんな分かっていると思う、SNSも見ているし明らかだと思うけど、みんなステージに立つべきだ。それが気持ちが晴れることになる術だ。すごく、すごく辛いとは思うけど…ファンもみんなを見たがっているし、何より大事なのは彼らがライヴを見たいのではなくて、精神を浄化するような経験が必要だからなんだ” って」。

Written by Tim Peacock


 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version