『ミニオンズ フィーバー』サントラから、先行シングル:ダイアナ・ロスとインパラによる新曲を公開

Published on

7月15日に日本公開される『ミニオンズ』シリーズ最新作『ミニオンズ フィーバー』(原題:Minions: The Rise of Gru)。オリジナル・サウンドトラックが7月1日に発売されることが既に発表されているが、その中から先行シングル第1弾としてダイアナ・ロスとテーム・インパラによる新曲「ターン・アップ・ザ・サンシャイン」が配信リリースされた。

「ターン・アップ・ザ・サンシャイン」は、ダイアナ・ロス、テーム・インパラ、そして今年のグラミー賞で「プロデューサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したプロデューサーであるジャック・アントノフらの共作。映画の舞台である1970年に隆盛を極めたR&B/ソウルを彷彿とさせるダンサブルな曲調で、「僕らが太陽を輝かせるんだ キラキラ輝かせよう」とポジティブなメッセージが込められた、この夏のサマー・アンセム確定の大注目曲だ。

『ミニオンズ フィーバー』は1970年代が舞台。世界一の超悪玉であるグルーが、映画界で最も卑劣な仲間であるミニオンたちと出会い、史上最強の悪党集団に立ち向かう、彼らのはじまりの物語が描かれている。

このサウンドトラックは、ファンク、ディスコ、ソウルの名曲の数々を、現在最も注目されている才能あるアーティストによる1970年代の大ヒット曲の新バージョンでよみがえらせる内容となっている。リップス・インクの1979年のヒット曲「ファンキータウン」をセイント・ヴィンセントが新たにアレンジし、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの1967年の大ヒット曲「ダンス・トゥ・ザ・ミュージック」をH.E.R.がカバー。

また、ジョン・レノンの1970年の曲「インスタント・カーマ」のブリーチャーズ・バージョンやカーペンターズの1972年のシングル「愛にさよならを」のフィービー・ブリッジャーズのエモーショナルな解釈など、どの曲もそれぞれのアーティストによって新たな魅力が引き出されている。もちろん、ミニオンズ自身もこのアルバムに参加しており、サイモン&ガーファンクルの1970年代の代表曲「いとしのセシリア」を独特のパフォーマンスで披露している。

映画館の中でも外でも、この太陽に照らされた70年代風のサウンドトラックは、夏の間中、あなたを”グルー”ヴさせること請け合いだ。なお、日本盤のジャケットは映画のデザインを基にした限定デザインとなっている。さらに予約・購入者には先着でオリジナル特典も用意されているので、忘れずにチェックしよう。

■映画公開情報

映画『ミニオンズ・フィーバー』 2022年7月15日(金) 日本公開
プロデューサー:クリス・メレダンドリ (『怪盗グルー』シリーズ、『シング』、『ペット』)
監督:カイル・バルダ (『怪盗グルーのミニオン大脱走』、『ミニオンズ』)
原題:『Minions: The Rise of Gru』
吹替版キャスト:笑福亭鶴瓶、市村正親、尾野真千子、渡辺直美、LiSA他
配給:東宝東和
日本公式サイト


■リリース情報

『ミニオンズ フィーバー (オリジナル・サウンドトラック)』
2022年7月1日発売
CDSpotify /Amazon Music / YouTube Music


 

 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version