(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

話題の映画『ノマドランド』楽曲を手掛けたルドヴィコ・エイナウディ 最新アルバムが6月リリース決定

Published on

イタリア人気作曲家でピアニストのルドヴィコ・エイナウディが、2021年6月4日にアルバム『Cinema』をデッカ・レコードよりデジタル・リリースする事が決定し、プリオーダーが開始された。

今作『Cinema』は、エイナウディの30年のキャリアの中で手がけてきた映画・テレビ作品に使用された美しい音楽をコンパイルしたシネマ・ベスト。【第93回アカデミー賞】作品賞に輝いた映画『ノマドランド』のオリジナル・サウンドトラックからの楽曲や、『インシディアス』、『センス8』、『THIS IS ENGLAND』などを含む、ビッグ・スクリーンからテレビで話題となった計28曲が収録されている。

また、【第93回アカデミー賞】主演男優賞を受賞したアンソニー・ホプキンス主演の映画『ファーザー』からの未発表曲「My Journey」も、先行シングルとして配信が開始された。

自身の音楽が映画やテレビで使われることについて、エイナウディは「私の音楽は映画的だと言われる…私の音楽が映像と組み合わされるのを見るのは興味深いことで、私の音楽を違った視点で読み直すようなものだ」と語っている。

本日4月26日(日本時間)に、米ロサンゼルスのドルビー・シアターとユニオン駅の2つの会場で開催された第93回アカデミー賞授賞式で、映画『ノマドランド』は作品賞に加え、フランシス・マクドーマンドが3度目の主演女優賞、中国出身の女性監督クロエ・ジャオが監督賞を受賞。三冠に輝いた今最も話題の映画のひとつだ。

エイナウディは、15枚のスタジオアルバムと80本以上の映画・テレビ番組の挿入曲を手掛け、世界のクラシック・チャートで何度もトップに立ち、史上最大回数のストリーミングを誇る今世紀で最も活躍する現代作曲家の一人。

『Cinema』のオフィシャル・トレーラー映像も公開されているので、是非チェックいただきたい。

Ludovico Einaudi – Cinema – Official Trailer

■リリース情報

2021年6月4日発売
ルドヴィコ・エイナウディ『Cinema』
iTunes / Apple Music / Spotify /Amazon Music

2021年3月19日発売
『ノマドランド』オリジナル・サウンドトラック
iTunes / Apple Music / Spotify /Amazon Music

2021年4月23日発売
『ファーザー』オリジナル・サウンドトラック
iTunes / Apple Music / Spotify



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss